バレンタイン&ホワイトデー

2月14日
 学生に呼ばれ実験室に行ってみたところ,お菓子がありました。(奥の基板は無関係です。)

 バレンタインデーということで,学生が手作りしたそうです。無ければ作るというのが高専出身の学生らしくて良いですね。本研究では昼食後や15時ごろにコーヒーブレイクタイム(雑談)があるので,その時間にありがたくいただきました。

図1 学生が焼いたお菓子(左:米富作,右:徳力作)

時は流れ,4月18日。
 ずっとお菓子のお返しをしないといけないなと考えながらも,年度末は忙しく先延ばしになってしまっていました(本当は3月14日を狙っていました)。

 しかし,4月に入り忙しさがだいぶ落ち着いてきまして,休日にまとまった時間が取れるようになってきました。これはお返しを作るチャンスということで,ケーキを焼いてみました。料理は比較的する方なのですが,お菓子を作るのは初めてだったので,手探り状態です。オーブンの温度調整を誤り,やや焦げ状態で見た目は悪いですがたぶん食べられるレベルのものができました。
 口に合えば良いのですが…

図2 日下が焼いたケーキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。