HOME

長岡技術科学大学 先進エネルギー変換研究室は2021年11月に開設された比較的新しい研究室です。我々は半導体デバイスを用いて電力の形を変える技術に関する研究を行っています。本技術は,電気自動車やハイブリッド自動車などのモータ駆動システムや,太陽光や風力発電などの自然エネルギー発電,家電製品など,電気を使うありとあらゆる製品の根幹となる技術です。

また,電気自動車(BEV)はプラグインハイブリッド自動車(PHEV)のバッテリ充電を簡易化するため,ワイヤレス電力伝送技術の研究をしています。電力変換技術(パワーエレクトロニクス)を応用して,電気エネルギーと磁気エネルギー間のエネルギー変換を高効率に行うことで,数十cmの空間を介した電力伝送が可能です。この技術をEVに適用することができれば,ユーザーは駐車場に車を止めているだけでバッテリを自動的に充電することが可能となります。


企業の方へ

本研究室では,電力変換技術を用いて,車載向け電源システム,高電圧発生回路,自然エネルギー向け電力変換回路など,新たな電源回路の開発や,空間を介して電力を供給するワイヤレス電力伝送技術に関する研究を行っています。「こういう特性の電源が必要」,「ここに電力を供給したい」など,お悩みをご相談ください。一緒に解決方法を模索していきたいと考えています。

高専生・専攻科生・学部生の方へ

本研究室は長岡技術科学大学 電気電子情報工学課程・専攻からの学生を受け入れています。研究室見学を随時受け付けておりますので,ご興味のある方は日下佳祐までメールにてご連絡ください。

連絡先:日下佳祐 kusaka(at)vos.nagaokaut.ac.jp